【政治スポット】豪領が新たな米軍拠点に?

米国と豪州が、インド洋にある豪州領ココス諸島を米軍の新たな拠点として検討しているもようだ。外電を引用して28日付シドニー・モーニング・ヘラルドなどが伝えた。 米軍は現在、英領ディエゴガルシアに拠点を持っているが、同地の拠点としての役割は2016年にも終わる予定となって…

関連国・地域: 中国オーストラリア米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:民放チャンネルのセブン…(07/30)

豪政府、日豪経済協定アップグレードへ(07/30)

三菱商、豪企の40%取得で排出枠事業参入(07/30)

シドニー8区域の規制更に強化、感染止まらず(07/30)

豪ワクチン希望者への接種、今年中に完了へ(07/30)

ロックダウン延長で最大30万人失業も=大手銀(07/30)

IMF、豪経済成長率予想を大幅に上方修正(07/30)

NSW印紙税収、昨年度97億$と過去最高(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン