• 印刷する

テイクオフ:日本政府は28日、新型…

日本政府は28日、新型コロナウイルス対策で緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の解除を決定した。これに先立ち、27日にはタイ政府がタイ入国後の検疫隔離期間を、現在の14日間から最短7日間に短縮する方針を示した。

人の移動や消費が増える年末年始に向けて、2年連続での行動制限は何としても回避したい両政府の意思が感じられる。自身としても、どこにも出かけることができず、引きこもりが続いた昨年の二の舞は避けたいところだ。

コロナ禍の発生以降、行動制限は発令と解除が繰り返されてきた。ワクチン接種が進んだことで、両国とも新規感染者数は減少傾向にあり、コロナ禍の収束に向けて「今度こそは」の思いは強い。ただし、ワクチンの効果が薄いとされる変異株の不安も残る。年末年始を無事に日本で迎えることができるか、ここ1~2カ月が正念場になりそうだ。(須)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

感染者9122人、7日ぶり1万人下回る(19日)(14:28)

東南ア車販売、8月は17万台 前月比2%増、5カ月ぶりプラス(11:21)

ラオス中国鉄道が12月開通、貿易拡大に期待(14:45)

テイクオフ:これもコロナ禍の影響だ…(10/19)

SDGs「日系に商機」の声 国別の達成度、タイは東南ア首位(10/19)

感染者1万人、死者は63人に減少(18日)(10/19)

9月の新規バイク登録、18%減の11万台(10/19)

排気量別の新規バイク登録台数(21年9月)(10/19)

地域別の新規バイク登録台数(21年9月)(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン