サムスントップが渡米へ、新工場確定か

韓国サムスン電子の実質的な経営トップである李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が10月、仮釈放後では初めて米国を訪問することが分かった。同社のファウンドリー(半導体の受託製造)新工場の建設地や、グループ系列の新型コロナウイルスワクチンの受託生産事業について、関係者と協議…

関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 医療・医薬品IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者1073人、2日連続1000人台(14:30)

ワクチン完了62.9万人増、接種率65.9%(14:30)

ポスコ、豪州の天然ガス社と買収交渉(15:54)

テイクオフ:サムスン電子株を保有す…(10/19)

輸出管理厳格化の影響軽微 韓国全経連、岸田政権に撤回要望(10/19)

新規感染者1050人、10日連続2千人未満(10/19)

ワクチン完了1.9万人増、接種率64.6%(10/19)

韓国のTPP参加、今月末にも結論か(10/19)

米国からの情報要請、洪副首相が懸念表明(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン