• 印刷する

海外での石炭発電事業、政府が支援停止へ

韓国政府は24日、脱炭素社会の実現に向けて、海外の石炭発電事業への支援を原則的に停止する内容のガイドラインを発表した。施行は10月1日からで、中央政府や地方自治体、公共機関による開発援助や投資など、全ての金融支援が対象となる。

これは、政府が掲げる2030年温室効果ガス削減目標(NDC)の見直しに対応する措置だ。NDCは国連での報告が義務付けられるなど拘束力が強く、国際社会での重要性も高い。海外での炭素発生量の削減を通じて、目標達成を目指す。

現在、海外の石炭発電プロジェクトは全体の92%に公的資金が投じられており、ガイドラインの施行が与える影響は大きい。今後は政府が出資する民間企業や国民年金公団の投資先企業などにも、段階的に停止対象を拡大する計画だ。

進行中のプロジェクトについては、相手国との関係や進行状況を考慮し、必要最低限の追加支援のみ承認するとしている。

■斗山重は事業方針見直しか

一方、国内経済への余波を憂慮する声も上がる。斗山重工業は連結売上高の30~45%を海外の石炭火力事業が占めている。そのため、今回の支援停止により事業方針の全面的な再検討を余儀なくされる見込みだ。関連企業まで含めると、打撃はさらに拡大すると懸念されている。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者1952人、死者9人増(14:23)

ワクチン完了27.8万人増、接種率71.5%(14:23)

テイクオフ:景福宮ににぎわいが戻っ…(10/27)

7~9月GDPは0.3%成長 内需不振で回復鈍化(10/27)

新規感染者1266人、死者15人増(10/27)

EVエコシステムに350億ドルの投資必要(10/27)

豪、日本やEU注力で海外直接投資を多様化へ(10/27)

ワクチン完了42.8万人増、接種率70.9%(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン