パナの早期退職千人超、収益力向上へ組織活性化

【共同】パナソニックが9月末に国内で実施する早期退職で、退職者が1,000人を超える規模に上ることが24日、分かった。勤続10年以上の社員を対象に、退職金を上乗せして支給する。収益力を向上させるため、人材の新陳代謝を促して組織の活性化につなげる狙いがある。 退職は9月3…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機IT・通信雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

東南ア車販売、8月は17万台 前月比2%増、5カ月ぶりプラス(10/20)

テイクオフ:この夏、上海出身の中国…(10/20)

マツダ、SUV「CX―8」の新モデル投入(10/20)

ANA、シドニー路線の追加運休便を発表(10/20)

ジョコ氏就任7年、高速鉄道で批判(10/20)

アジアIT人材が遠隔勤務、パソナが紹介(10/20)

経済界「日本の姿議論を」、エネルギー(10/20)

高島屋の元従業員など、汚職で10カ月の禁錮(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン