米の「香港干渉」事例を列挙 中国外務省、民主派も名指し非難

中国外務省は24日発表した「米国による香港事務干渉と『反中乱港勢力』支援に関するファクトシート」で、2019年以降の米政府や米議会、また米国の政治家による「香港干渉の事例」を列挙した。香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は「これらは争う余地のない事実だ…

関連国・地域: 中国香港米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

通信2位、香港企業にデータセンター売却か(16:43)

テイクオフ:健康のためにジョギング…(10/27)

隔離免除措置の大半を廃止へ 入境規制強化、中央の要求受け(10/27)

「ゼロコロナ」見直しを提言、国際金融団体(10/27)

新たに3人感染、域内ゼロ=累計1万2330人(10/27)

陽性者出た客船、運航停止短縮を政府に要請(10/27)

土地登記と会社登記、データ閲覧を厳格化(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン