移民政策の雇用面に反感、国民半数

シンガポール国民の過半数が、移民政策のうち雇用面で反感を持つことが、シンガポール国立大学(NUS)公共政策研究所(IPS)の調査で明らかになった。その他の移民政策やグローバル化については肯定的にとらえている人が多かった。 IPSは2020年9~11月に、シンガポー…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自室の窓から見えていた…(10/27)

製造業生産、11カ月ぶり低下 バイオ医療・製薬が反動減で不振(10/27)

ワクチン未接種の従業員、解雇も可=人材省(10/27)

豪、日本やEU注力で海外直接投資を多様化へ(10/27)

外食業などの安全認証、23年から制度改定(10/27)

低炭素電力の輸入、2件の提案を募集(10/27)

米生命科学テンエックス、生産統括拠点開設(10/27)

隔離なし入国枠組み、豪州とスイスを追加(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン