• 印刷する

《安全》感染者1.1万人、死者141人(22日)

タイ政府の新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は22日、新型コロナの感染者数が1万1,252人、死者数は141人だったと発表した。11日間連続で死者数が200人を下回り、回復者数は1万3,695人で感染者数を上回った。

感染者のうち、28人が刑務所での報告で、17人は入国者だった。市中感染は1万1,207人。

都県別の感染者数では、首都バンコクが2,455人で最多。感染者が1,000人を超えたのはバンコクだけで、バンコク東郊のサムットプラカン県が910人でこれに続いた。このほか、東部チョンブリ県が715人、西部ラチャブリ県が455人、南部ソンクラー県が453人、東部ラヨーン県423人で多かった。

累計の感染者数は151万1,357人。回復者数は136万6,533人、死者数は1万5,753人となった。

21日には30万33人が1回目の新型コロナワクチンを接種。51万1,087人が2回目を、795人が3回目の追加接種(ブースター)を完了した。累計の接種回数は4,602万3,016回となった。


関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

訪タイ外国人旅行者、1~9月は8.6万人(19:24)

変異株「アルファプラス」、国内で18人確認(19:11)

テイクオフ:今月に起きた、銀行口座…(10/27)

タイからの入国者、隔離を免除に(10/27)

事故と隣合わせの宅配運転手 背景に交通事情、雇用環境の悪化(10/27)

感染者7706人、7月初旬以降で最少(26日)(10/27)

中古車市場、今年は20~30%拡大の見通し(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン