露半導体企業、聯電から専門家数十人招聘か

ロシアの半導体企業が、同国政府の支持のもとで台湾ファウンドリー(半導体の受託製造)大手の聯華電子(UMC、聯電)から専門家数十人を招聘(しょうへい)したもようだ。半導体の微細回路の生産体制構築を加速する狙いとみられる。自由時報などが外電を引用して伝えた。 UM…

関連国・地域: 台湾ロシア
関連業種: IT・通信雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染、3日連続ゼロ(16:17)

コロナ警戒第2級延長、集会人数の上限撤廃(16:05)

テイクオフ:新型コロナウイルスの警…(10/28)

TSMCが5ナノ強化版発表 来年に設計完了、アップル採用か(10/28)

新型コロナの域内感染、27日はゼロ(10/28)

日本提供のワクチン到着、蔡英文総統が謝意(10/28)

聯発科技の3Q純益284億元、最高更新(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン