コロナ禍でもBOT事業は継続=建設省

ミャンマー国軍の統制下にある建設省は21日、新型コロナウイルス感染拡大の影響下でもBOT(建設・運営・移転)方式の事業は継続していると説明した。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが22日伝えた。 同省は、他の関連省庁とコロナ禍からの回復について協議…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

ASEAN会議排除に不満、国軍トップ(10/18)

国軍除外で連携、インドネシアとマレーシア(10/18)

民主派政府、首脳会議参加者の選定にけん制(10/18)

国軍と闘争「やむを得ず」、民主派副大統領(10/18)

新規感染1002人、6月末以降で最少(10/18)

総司令官、TV演説で首脳会議排除に不満(10/18)

首脳会議に軍トップ招かず ASEAN圧力、「内政干渉」と反発(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン