NY金市況、20日は4営業日ぶり反発

【ニューヨーク共同】週明け20日のニューヨーク商品取引所の金先物相場は4営業日ぶりに反発し、取引の中心となる12月渡しが前週末比12.40ドル高の1オンス=1,763.80ドルで取引を終えた。 中国の不動産大手、中国恒大集団の経営悪化への懸念を背景に投資家がリスク回避の姿勢を強…

関連国・地域: 日本
関連業種: 金融天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

在日留学生ら「就活」格闘 帰国諦め「将来のため働く」(10/25)

日系業況、7期連続マイナス 下半期調査、来期はプラス転換か(10/25)

シェムリアップの上水事業、63億円を借款(10/25)

【書籍ランキング】10月7日~10月13日(10/25)

NY原油先物市況反落、終値82ドル台(10/25)

スズキ子会社不正アクセス、工場一部停止(10/25)

各地で不動産税導入へ、住宅価格を正常化(10/25)

NY金市況、21日は3日ぶり反落(10/25)

ジップエア、12月からシンガポール便増便(10/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン