• 印刷する

テイクオフ:ショッピングモールに、…

ショッピングモールに、にぎやかな子どもの声が戻ってくるかもしれない。新型コロナ対策の活動制限が緩和され、ジャカルタなど一部地域のモールでは保護者同伴なら12歳未満の子どもの来場が認められるようになった。

モールに入るには新型コロナワクチンの接種が前提条件。12歳未満の子どもはワクチンを打てない。ワクチンを接種していなければ今はバスにも電車にも乗れない。モールから一時、子どもの姿がすっかり消えた。

政府統計によれば、14歳以下の人口は6,600万人という子ども大国インドネシア。子どもに照準を合わせた、玩具店などの商売も打撃を受けただろう。しかし規制を嘆くどころか、SNSで商品の動画や写真を投稿して、電話1本で注文を受け付ける店もある。モールの緩和は手放しでは喜べないが、明るい笑い声が響くのもそう悪くない。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナ流行前も、現…(10/27)

首都圏の倉庫入居率93%に EC利用増、前期からやや上昇(10/27)

【食とインバウンド】拡大する「サスティナブルツーリズム」(10/27)

EVエコシステムに350億ドルの投資必要(10/27)

スラバヤの自動車展、11月開催予定が中止(10/27)

中国五菱、低価格MPV「フォルモS」発売(10/27)

メルクのコロナ飲み薬、調達に向け最終調整(10/27)

1~9月の歳出、前年同期比2%減少(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン