首都のスーパーなど、一転して営業許可に

ラオスの首都ビエンチャン当局は、19日に出した市内の小売店などの営業休止を定める通達内容を変更した。市民の生活に支障が出る恐れがあるとして、一転してスーパーマーケットなどの通常営業を認めることにした。 当初は、ショッピングセンターやデパート、スーパーマーケット、…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 食品・飲料社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ボケオ県警察、覚醒剤の錠剤600万錠を押収(10/29)

28日は530人、新型コロナ感染(10/29)

【ラオス経済通信】ナムウー連続水力発電所が完成 第166回(10/29)

政府高官向けEV、年内に調達へ(10/28)

27日の感染733人、3人死亡確認(10/28)

26日は770人超、3人死亡確認(10/27)

ワクチン接種証明、QRコード付きを発行(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン