労働許可、専門家条件を緩和 外資の事業継続支援へ方針転換

ベトナム政府は、外国人がベトナム国内で働く際の労働許可証(ワークパーミット)の取得要件を緩和する通達を出した。外資系企業の一般駐在員などに適用される「専門家」資格の審査の際に、担当職種で3年以上の実務経験があれば卒業大学等での専攻は問わないことにした。新型コロ…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

市中感染4404人増、4波累計89.6万人(20:33)

日韓連合のブンアン第2火力、12月に着工へ(19:30)

商工省、制裁回避へ対応強化 輸出回復、紛争の増加に備え(10/27)

市中感染3592人増、4波累計89.1万人(10/27)

ホーチミン市の店内飲食、解禁に期待と不安(10/27)

営業禁止のカラオケ店、機材レンタルに活路(10/27)

9月の完成車輸入、前年比32%減の8669台(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン