パーム油販売を統制、チャット安で中銀方針

ミャンマー中央銀行は、ミャンマー食用油販売業者協会を通じたパーム油の卸売価格を、1ビス(約1.6キロ)当たり約3,700チャット(約220円)とするよう求めた。ミャンマーで販売される食用油の大半は輸入品のため、対米ドルのチャット相場下落による販売価格の高騰を防ぐ。国営紙グ…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 食品・飲料金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

感染1千人、ヤンゴンなど外出自粛解除(18:24)

中部で行政官40人辞任、武装市民の警告受け(18:24)

20年度輸出入とも2割減 政変後に減速、9年ぶり黒字に(10/28)

完全な合意履行要請、ASEANが議長声明(10/28)

コロナ、経済再生で支援=日中韓ASEAN(10/28)

米大統領、ミャンマーの暴力に懸念表明(10/28)

民主派政府の承認を=ASEAN「大使」(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン