• 印刷する

テイクオフ:査証(ビザ)だけでなく…

査証(ビザ)だけでなく、銀行口座や税務書類などの変更手続きに追われている。日本の外務省が今年から旅券の旧姓に英語で説明書きを併記する制度を開始したため、旧姓を加えた。ただ説明箇所が小さいためか、当地ではミドルネームと間違えられるなど、混乱も生じた。

日本では選択的夫婦別姓が議論になっている。住民票などに旧姓を併記できるようになり約2年たつも、住んでいた自治体では「利用する人が少ないもので」と各種手続きのたびに戸惑われた。併記が役立つ場面はあったが、書類上で姓を変更せざるを得ないことも多く、根本的な改革が必要だと感じる。

当地では結婚後、女性の姓が変わるが、旧姓も含まれるようだ。煩わしくないか友人に聞くと「公的書類の手続きが遅いことだけが不満かな」と返ってきた。確かに、この国の根本的な問題はそこだ。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスのワ…(10/27)

商工省、制裁回避へ対応強化 輸出回復、紛争の増加に備え(10/27)

接種拡大に非協力な職員クビ 大統領、普及遅れいら立ち(10/27)

新型コロナ、新たに4393人感染(10/27)

モーリシャス由来の変異株、比で初めて確認(10/27)

運輸省、公共交通の乗車制限撤廃を提案(10/27)

韓国とフィリピン、FTA交渉が妥結(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン