• 印刷する

メガワールド、環境型リゾートを開発

フィリピンの不動産開発大手メガワールドは20日、西部パラワン州サンビセンテで環境型の観光リゾートを開発すると発表した。向こう10~15年で400億ペソ(約875億円)を投資する。

サンビセンテ空港に近い海岸沿いの462ヘクタールの土地に、エコツーリズムリゾート「パラグア・コースタウン」を開発する。持続可能な観光地にするため、サンビセンテの生物多様性の保護に注力する。

リゾートにはホテル地区や文化・教育施設、保健施設、ショッピング地区、別荘やサービスアパートなどの住宅地区、マングローブ保護区などを整備する。まずはケンデン・ビーチの83ヘクタール分の開発に着手する。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:長期の独裁政権を敷いた…(10/19)

大手企業、資金調達を活発化 1000億ペソ規模、米利上げ見据え(10/19)

中銀総裁、当面の利上げに消極姿勢(10/19)

新型コロナ、新たに6943人感染(10/19)

デルタ株、新たに633人感染(10/19)

未接種の従業員に給与未払い、労組批判(10/19)

22年の比昇給率5.6%予測、米系ウィリス(10/19)

マイニラッド、来週に洪水対策で断水実施(10/19)

いすゞ、小型トラックの新モデル発売(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン