• 印刷する

【アジアで会う】キム・ソニョンさん 天丼チェーン「温泉」代表 第363回 韓国での天丼ブームの先駆者(韓国)

キム・ソニョン 1989年、仁川市生まれ。同市による青年創業支援事業を通じ、フードトラックで天丼専門店「温泉」を開業。韓国の人気バラエティー番組「路地裏食堂」への出演で、有名料理研究家の白種元(ペク・ジョンウォン)氏から料理人としての腕と資質を認められる。これを機に、創業からわずか3年あまりでフードトラックから30店舗以上を構える有名料理人兼実業家に。韓国国内での天丼ブームの火付け役。

韓国でも日本食は人気メニューの1つで、トンカツは「トンカス」という名前で古くから親しまれ、うどんや日本式のラーメン店も外食の定番となっている。2010年代に入ると、かつ丼や牛丼といった丼ものを扱う店も増えてきた。ところが唯一、韓国で食することができなかったメニューがあった。それが「天丼」だった。

そんな天丼がここ数年、韓国でニュートレンドに浮上している。火付け役は地場天丼チェーン「温泉」の若き創業者、キム・ソニョン代表だ。

■1本のテレビ番組が転機に

3年前の2018年。移動販売車両「フードトラック」が「温泉」の出発点だった。フードトラックは、仁川市が就職難で苦しむ若者に創業の機会を与えるために行っていた青年支援事業(当時)に応募して始めた。「フードトラックは水道がないため、営業終了後に大量の食器を持ち帰って家で洗っていました。夏には気温が40度近くになりますが、200度近い鍋のそばで働くのは本当につらかった」と、キムさんは当時を振り返る。

そんな中、韓国で人気のフードバラエティー番組「路地裏食堂」への出演機会が訪れる。路地裏食堂は、有名料理研究家の白種元氏が各地の商圏を訪れ、経営不振のレストランやカフェなどをプロデュースして立て直すという内容だ。

キムさんは「出演前は期待と不安が半々。テレビに出ることでむしろ、悪評が多くなってしまうのではないかという恐れもあった」と当時を振り返る。ところが、いざ出演してみると、白氏はキムさんの料理人としての腕と資質を絶賛してくれた。「どのような点が評価されたと思うか」と尋ねると、「料理人として大先輩ですし、評価をしてもらえるだけで恐縮ですが、店を出すまでの努力を認めてくれたのではないかと思います」とキムさんは話す。

■日本の雰囲気で味は現地化

キムさんがこだわったのは、日本の天丼の雰囲気をそのまま生かしつつも韓国人の舌に合うよう味を現地化することだった。使用する丼の器は、東京・かっぱ橋の道具店まで自ら足を運んで購入した。「妻と一緒に日本に行き、両手いっぱいに抱えて韓国に持ってきた」という。

タレは、日本のものよりもやや刺激の強い味にカスタマイズした。日本で天丼を食べたことのある韓国人も増えているが、「甘くて油っぽい」と感じる場合が多いためという。

また、天丼の要となる「天ぷら」も、韓国人が好む「さっぱりとしてサクッとする食感」の衣になるよう研究を重ねた。「一緒に日本の天丼屋を回った妻も、(日本の天ぷらの)食感が合わなかった」という。

「創業までの時間はわずかだったが、(路地裏食堂の)白先生はこうした努力の積み重ねをしっかり認めてくれた」と、キムさんは胸を張る。

■フランチャイズという新たな挑戦

「路地裏食堂」出演の反響は大きく、放送後からお客が殺到。「(フードトラックの)当時は1日に約200食が限界だった」が、長時間並んでも食べられないお客のために「温泉」1号店をオープンする。フードトラックでの創業から、わずか2年あまりでの初出店だった。

さらに「フランチャイズチェーン(FC)の展開」という新しい挑戦も始めた。「周りからは『FCは難しい』と言われたが、それでむしろ『やってやる』と思った」と、キムさんの心に火が付く。

FC展開に当たり、最も悩んだのは「味の統一」だった。とりわけ、天ぷらの揚げ加減の調節について苦慮した末、電気銅鍋を独自開発することを思い立つ。「ある工場の助けを借りて、金型から自分で作りました」。開発した銅鍋はインダクション(IH調理器)方式で熱伝導力が高い。1度単位で温度調整できるため、加盟店の教育もしやすいというメリットがある。

キムさんによると、新型コロナウイルス禍で現在はストップしているが、日本からもこの電気銅鍋の輸出に関する問い合わせが来ていたという。

■日本の料理人とも交流を

猛威を振るう新型コロナの影響は「思ったよりも少なかった」という。韓国政府は感染防止対策として外食業の夜間の営業時間を制限したが、幸いにも「温泉」には影響のない時間帯の制限だった。

キムさんは「新型コロナが収束したら、日本の料理人と交流してみたい。そしてぜひ、『温泉』を日本でオープンしたい」との目標があり、すでに準備を進めているという。コロナ収束のあかつきには、日本に韓国発の天丼チェーンが上陸するかもしれない。(韓国編集部=清水岳志)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者1952人、死者9人増(14:23)

日韓連合のブンアン第2火力、12月に着工へ(19:30)

ワクチン完了27.8万人増、接種率71.5%(14:23)

独シルトロニック、第3工場建設へ(20:01)

テイクオフ:景福宮ににぎわいが戻っ…(10/27)

7~9月GDPは0.3%成長 内需不振で回復鈍化(10/27)

新規感染者1266人、死者15人増(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン