• 印刷する

子どものワクチン接種は1回で、政府専門家

香港政府衛生署衛生防護センター(CHP)が管轄する科学、医学専門家チームと行政長官の顧問専門家チームは15日に合同会議を開き、12~17歳の子どもの新型コロナウイルスワクチン接種について、回数は2回ではなく1回のみを推奨する方針をまとめ、政府に提言した。

接種ワクチンはドイツのバイオ企業ビオンテックと中国製薬大手の上海復星医薬(集団)が共同開発した「復必泰(コミナティ)」を推奨。既に2回目の接種を予約している12~17歳の子どもについては、オンライン上での予約をいったん取り消し、居住区の地域接種センター(CVC)で接種した場合のリスクなどの説明を受けてから決定するよう呼び掛けている。

衛生署によると、復必泰については域内外で接種後に心筋炎や心膜炎の症状が出るケースが報告されており、このうち大部分は若者の2回目接種後であることが分かっている。


関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

越境理財通の商品販売始まる 認可銀行、ビジネス拡大に意欲(10/20)

警備大手、新ビデオ会議システム提供(10/20)

林鄭行政長官が骨折、公邸で転倒(10/20)

企業昇給率、21年は1.0%に低下(10/20)

新たに2人感染、域内ゼロ=累計1万2301人(10/20)

空港職員、PCR検査の間隔を短縮へ(10/20)

香港ディズニー、入場料を2段階の変動制に(10/20)

続伸、ハンセン指数は1.5%高=香港株式(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン