• 印刷する

細胞培養肉の受託製造、世界で初めて認可

細胞培養肉の受託生産開発機関としてライセンスを取得したエスコ・アスターの施設(同社提供)

細胞培養肉の受託生産開発機関としてライセンスを取得したエスコ・アスターの施設(同社提供)

シンガポールの老舗ライフサイエンス機器メーカー、エスコ・ライフサイエンシズ・グループ傘下のエスコ・アスターが、細胞培養肉の受託製造開発機関(CDMO)として当局からライセンスを取得した。同様の事例は世界初という。

シンガポール食品庁(SFA)から7月28日、細胞培養肉のCDMOとしての審査を受けた。ライセンス取得により、商用販売向けの細胞培養肉の受託生産が可能になった。エスコ・アスターが15日付の声明で明らかにした。

エスコ・アスターは、エスコ・ライフサイエンシズが長年製造してきたバイオリアクター(培養槽)を活用し、細胞培養肉の開発、製造体制を整えた。細胞培養肉関連のスタートアップなどにサービスを提供していく考えだ。

エスコ・アスターによると、世界には45社余りの細胞培養肉のスタートアップが存在する。資金調達額は計3億5,000万米ドル(約383億円)超に上り、各社が事業展開を活発化させている。

同社は声明で「高品質な細胞培養肉を製造することで『実験室から食卓へ』を実現したい」と述べた。

シンガポールでは、米新興企業イート・ジャストが開発・製造する細胞培養鶏肉の商用販売が世界で初めて認可され、中心部のホテル「JWマリオット」の広東料理店「マダム・ファン」で提供されている。こうした企業からの受託生産も可能となる見通しだ。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料化学サービス

その他記事

すべての文頭を開く

24年に炭素税引き上げ 詳細は来年公表、増税幅に注目(17:51)

人材開発省、警備2社を過重労働で告発(16:40)

ECショッピー、1600人超を新規採用へ(17:26)

ドンドンドンキ、東部タンピネスに11号店(16:40)

家具イケア、3店舗目開業で21%増収(16:40)

テマセク、ディープテックに年10億ドル投資(16:42)

電力小売市場、事業者の撤退相次ぐ(16:41)

9月の民間住宅販売、感染対策強化で大幅減(16:41)

オーツミルクの欧社、北部で生産工場開業(16:41)

新規感染3348人、死者は9人(16日)(17:28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン