• 印刷する

海外でワクチン接種、政府アプリに登録可に

インドネシア保健省は14日、海外で新型コロナウイルスのワクチン接種を受けたインドネシア人や外国人も、政府の公式アプリ「プドゥリリンドゥンギ」への登録が可能になったと発表した。

海外でワクチン接種を受けた場合、同省が運営するウェブサイト<https://vaksinln.dto.kemkes.go.id>から氏名や接種情報などを登録することで、プドゥリリンドゥンギを通じたワクチン証明書が取得できるようになる。

登録申請者が外国人の場合、各国の大使館がデータの検証を行う。データ検証の結果は3営業日以内を目安にメールで通知される。

インドネシア政府は、交通機関の利用やショッピングモールへの入場に際し、プドゥリリンドゥンギでのワクチン接種証明の提示を義務付けている。

■大使館、政府に情報提供求める

これまで「プドゥリリンドゥンギ」では、外国で発行されたワクチン接種証明書を登録できなかったため、在インドネシア日本大使館はインドネシア政府に対して運用の改善を申し入れていた。

大使館は14日、保健省の発表に対し、外国人のワクチン接種証明書の認証方法について、インドネシア政府から通知を受けていないと表明。認証に必要な手続きについて、政府に対し、さらなる情報の提供を求めていると説明した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

バリ島、国際線受け入れ再開も到着なし(11:45)

新たな入国条件で混乱、搭乗予定の変更も(11:46)

自動車奢侈税改正令が施行 EVシフト、一般車影響は来年か(10/15)

隔離5日に短縮、ワクチン接種は出発14日前(10/15)

バンドン高速鉄道、中国の融資実施27億ドル(10/15)

UOBが建物省エネに融資、東南ア4カ国で(10/15)

CO2排出ゼロに毎年2千億ドルの投資必要(10/15)

石油ガス収入、原油高で今年150兆ルピアも(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン