クリスマス商戦、輸出を悲観 6期ぶり指数下落、変異株が影

香港貿易発展局(HKTDC)は14日、今年第3四半期(7~9月)の香港輸出指数を39.0と発表した。前四半期を9.7ポイント下回り、6期ぶりの下落。本来ならかき入れ時となるはずのクリスマスシーズンの輸出について、香港企業が不透明感を抱いていることが示された。感染力が強い…

関連国・地域: 中国香港日本ASEAN米国欧州
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ドンキが香港ですし専門店 世界初業態、和食激戦地に挑む(10/28)

12~17歳の入境者、ワクチン接種要件を緩和(10/28)

新たに5人感染、域内ゼロ=累計1万2335人(10/28)

隔離免除の大部分廃止、経済界から落胆の声(10/28)

9月の輸出額16.5%増、伸び率は鈍化(10/28)

続落、ハンセン指数は1.6%安=香港株式(10/28)

香港投資家、サステナブル投資への関心増大(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン