3大園区の上期売上高が最高 ICと光電がけん引、需要拡大で

台湾の科技部(科学技術省)が管轄する新竹科学園区(竹科)、中部科学園区(中科)、南部科学園区(南科)の3大科学園区を合わせた2021年上半期(1~6月)の売上高は、前年同期比25.2%増の1兆7,128億2,800万台湾元(約6兆8,100億円)だった。主力のICに加え、光電が強く伸…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 化学その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

台北と新北で28日未明に停電、被害23万戸超(13:48)

テイクオフ:中国が輸入を停止した果…(09/28)

中国の電力制限で稼働停止 台湾企業の江蘇工場、管理強化で(09/28)

【日本の税務】非居住者が役員昇格時に受け取る退職金への課税について(09/28)

新型コロナの域内感染、27日はゼロ(09/28)

イベントの人数上限を撤廃、感染状況改善で(09/28)

アストラ製、2回目接種対象を52歳以上に(09/28)

光学フィルターの晶瑞、億達など2社買収へ(09/28)

TPPで農畜水産物輸出500億元増、農委会(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン