【為替・金利】マレーシアの為替・金利動向と展望・9月

◆2021年8月の動向 8月の対米ドル・リンギ相場は4.22台での寄り付き。先月に続き政治が主要な材料に。連立与党の中核政党、統一マレー国民組織(UMNO)からの度重なる不支持表明に対し、ムヒディン首相は多数派維持に奔走するも、閣僚からも離反が出て、辞任を余儀なくされ…

関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

公的年金システムで世界23位=マーサー調べ(19:35)

テイクオフ:マレーシアの首都圏では…(10/20)

東南ア車販売、8月は17万台 前月比2%増、5カ月ぶりプラス(10/20)

観光業界、人材確保に苦慮 移動規制緩和で需要拡大も(10/20)

新規感染5745人、累計240.2万人(10/20)

9月の新車販売、23%減の4.4万台(10/20)

RM1=27.4円、$1=RM4.17(18日)(10/20)

車両の乗車人数制限を撤廃、全土で(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン