• 印刷する

ワクチン条件に外出制限緩和 ビンズオン、規制「新常態」に

ベトナム南部ビンズオン省は、首相指示16号(16/CT―TTg)に基づく社会隔離措置の期限となる今月中旬以降、新型コロナウイルスの接種を条件に外出を許可する新たな規制の検討に入った。同様の厳しい規制を導入している各省市も、感染抑止と経済・社会生活を両立させる「新常態」下の規制を模索している。ワクチン接種などを条件に活動制限を緩和する動きがベトナム国内でも広がりそうだ。

南部ビンズオン省は住民へのワクチン接種を加速している(同省公式サイトから)

南部ビンズオン省は住民へのワクチン接種を加速している(同省公式サイトから)

地元紙トイチェーによると、ビンズオン省の新型コロナウイルス感染症防止指導委員会は4日夜開いた会議で、16号に基づく社会隔離措置の期限となっている15日以降の規制について、「新常態に移行する」との方針を決めた。足掛かりとしてワクチン接種を済ませた人の外出を許可する方向を示し、保健衛生当局に警察など関係機関との調整を指示した。

対象となるのはワクチンを2回以上接種した人か、1回の接種後20日間が経過した人を想定している。ワクチン接種をどのような方法で証明するかなどの詳細は示されていないが、諸外国などの例を参考にスマートフォンのアプリなどを活用する方法が検討されるもようだ。これまで周辺国と比べてワクチン接種が遅れていたベトナムでは、接種の有無によって活動の範囲を区別する手法は採られておらず、同省の規制が先行事例になる可能性がある。

ビンズオン省には多くの工業団地があり、外資系を含む製造業の工場が集積している。同省では第4波に入って以降の新型コロナ感染者数が13万人を超え、隣接するホーチミン市に次いで2番目の多さを記録している。

同省保健衛生当局は4日夜の会議で、前日夜からの新規感染者数が2,485人だったと報告したが、前日の増加数と比べると1,192人(32.4%)減少したほか、回復後の退院者数が新規入院者数を上回っており、感染は減少局面に入ったとの見方を示した。

■経済・社会生活の回復急ぐ

南部の多くの都市は、終日外出禁止を含む厳しい社会隔離措置の期限を今月15日に設定している。政府が8月上旬、感染状況が最も深刻なホーチミン市の感染収束時期の目標を同日に設定したことを受けた対応だ。足元の感染拡大状況から見て、目標の達成は極めて困難だが、現在のままの規制継続には国民的な不満の爆発が予想され、中央政府は新たな規制の枠組みを検討しているもようだ。

ファム・ミン・チン首相は1日、医療関係者や感染症専門家70人を集めた会合で、国産ワクチンや治療薬開発に対する専門家の一層の努力を要請する一方、「(多くの都市が実施している)ロックダウン(都市封鎖)は永遠に続けることはできない。調和の取れた方法でコロナとの長期戦に打ち勝つ必要がある」と述べた。

ホーチミン市をはじめとする南部各省市では、事実上のロックダウンが2カ月近く続き、多くの人が仕事を失うなど雇用への影響が深刻化している。厳しい操業継続規制が敷かれた製造業では生産活動が大幅に制約されており、外資系企業の一部には生産を他国に移す動きも出始めている。厳しい規制にも関わらず感染者数減少に目立った効果が見えない現状への危機感は強く、チン首相は現在の状況を「新常態」と位置付け、経済・社会活動の正常化を重視する姿勢をにじませた。事実上のロックダウンについても、都市ごとではなく、感染状況が深刻なより限定された地域単位での実施に切り替えていく方針とみられる。

■ハノイ市は規制を3分割

首都ハノイ市人民委員会は1日、首相指示16号に基づく市全域を対象にした現行規制の期限である6日以降、市内各地域を感染状況などに応じて3つの区域に分け、それぞれ異なる社会隔離措置を実施することを決めた。

区域に関する詳細を定めた市人民委員会指示20号(20/CT―UBND)によると、首相指示16号に基づく規制を継続する「ゾーン1」には、◇タイホー区◇バディン区◇カウザイ区◇ホアンキエム区◇ドンダー区◇ハイバーチュン区◇タインスアン区◇ハドン区◇ホアンマイ区◇タインチ郡――の全域と、◇ナムトゥーリエム区◇バックトゥーリエム区◇ホアイドゥク郡◇タインオアイ郡◇トゥオンティン郡――の一部を指定した。

同市は、これらの地域について人口が密集していることや、中央政府機関や多くの企業が集まり、依然として感染拡大が懸念されていることを理由に挙げた。

一方、それ以外の地域は「ゾーン2」「ゾーン3」とし、16号指示より1段階緩い首相指示15号(15/CT―TTg)を適用し、感染状況や地域特性などに応じた追加措置を講じるとした。区域に応じた新規制の適用期間は6日午前6時から21日午前6時まで。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

東南ア車販売、8月は17万台 前月比2%増、5カ月ぶりプラス(11:21)

国内初の蓄電システム導入へ 中南部の太陽光発電所、米が支援(10/19)

SDGs「日系に商機」の声 国別の達成度、タイは東南ア首位(10/19)

市中感染3159人増、4波累計86.2万人(10/19)

ホーチミンの感染リスクはレベル3、保健局長(10/19)

タインコン衣料、8~9月は連続赤字(10/19)

1~9月の鉄鋼輸出量41%増、欧米数倍に(10/19)

SUV商戦、10月も各社値下げ(10/19)

ベンツ代理店ハサコ、3Qは1.7億円赤字(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン