東南ア新車販売、来年も低調 7月、新型コロナ前から4割減少

東南アジア諸国連合(ASEAN)に加盟する主要7カ国の7月の新車販売台数は16万8,516台で、新型コロナウイルス流行前の2019年7月比で41.9%減と今年最大の落ち込みとなった。新型コロナウイルス流行による行動規制や、サプライチェーン(調達・供給網)の混乱が短期的に解消す…

関連国・地域: タイベトナムミャンマーマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンASEAN
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

市中感染4404人増、4波累計89.6万人(20:33)

日韓連合のブンアン第2火力、12月に着工へ(19:30)

商工省、制裁回避へ対応強化 輸出回復、紛争の増加に備え(10/27)

市中感染3592人増、4波累計89.1万人(10/27)

ホーチミン市の店内飲食、解禁に期待と不安(10/27)

営業禁止のカラオケ店、機材レンタルに活路(10/27)

9月の完成車輸入、前年比32%減の8669台(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン