• 印刷する

鉱山資産の民営化、まずバサイ銅山

フィリピンのドミンゲス財務相は8月30日、法的問題が解決次第、国有遊休鉱山の民営化第1弾として、東ネグロス州の銅鉱山運営会社バサイ・マイニングを売却する方針を明らかにした。8月31日付インクワイラーなど地元各紙が伝えた。

鉱山価値の算出や予定価格の決定などは今後詰める。環境天然資源省の鉱山地学局によると、北ダバオ州の鉱山開発会社ノース・ダバオ・マイニングや北スリガオ州のニッケル鉱石採掘会社パシフィック・ニッケル・フィリピンの鉱山なども、民営化計画の対象に含まれている。

政府は今年6月、新型コロナウイルス対策費の財源確保に向けて、国が所有する遊休鉱山の競売実施に向けた準備を進めていると明らかにしていた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:長期の独裁政権を敷いた…(10/19)

大手企業、資金調達を活発化 1000億ペソ規模、米利上げ見据え(10/19)

中銀総裁、当面の利上げに消極姿勢(10/19)

新型コロナ、新たに6943人感染(10/19)

デルタ株、新たに633人感染(10/19)

未接種の従業員に給与未払い、労組批判(10/19)

22年の比昇給率5.6%予測、米系ウィリス(10/19)

マイニラッド、来週に洪水対策で断水実施(10/19)

いすゞ、小型トラックの新モデル発売(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン