中国支援の鉄道事業、3月着工目指す

フィリピン運輸省は、国有鉄道(PNR)の南長距離プロジェクトのうち、中国の資金で建設するラグナ州カランバ(バンリク)―アルバイ州ダラガ区間について、2022年3月までの着工を目指していると明らかにした。ビジネスワールドが30日伝えた。 バタン次官によると、設計・建設…

関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸


その他記事

すべての文頭を開く

運輸省、公共交通の乗車制限緩和を提案(14:36)

東南ア車販売、8月は17万台 前月比2%増、5カ月ぶりプラス(11:21)

テイクオフ:長期の独裁政権を敷いた…(10/19)

大手企業、資金調達を活発化 1000億ペソ規模、米利上げ見据え(10/19)

中銀総裁、当面の利上げに消極姿勢(10/19)

新型コロナ、新たに6943人感染(10/19)

デルタ株、新たに633人感染(10/19)

未接種の従業員に給与未払い、労組批判(10/19)

22年の比昇給率5.6%予測、米系ウィリス(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン