• 印刷する

ロペス財閥、電動シャトルバスを導入

フィリピンのロペス財閥傘下の投資会社ファースト・フィリピン・ホールディングス(FPH)は23日、従業員の通勤用に電動シャトルバスを導入すると発表した。温室効果ガスの排出削減戦略に沿った動きで、米グローバル・エレクトリック・トランスポート製の電動バスを使い、子会社の従業員を送迎する。

電動バス「コメット」2台を購入する。変圧器を手掛ける子会社ファースト・フィレックのバタンガス州にある拠点で、従業員の通勤用に投入する。

バスの定員は30人で、1回の充電で100キロメートルの走行が可能。10月に納車される予定になっている。

ファースト・フィリピンは、グループ企業の他の拠点への電動バス導入も視野に入れている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

入国前の陰性証明不要に、接種済み外国人(05/27)

首都圏のコロナ規制延長、6月15日まで(05/27)

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

企業優遇、対象分野明確に 新たな戦略投資計画、大統領承認(05/27)

マルコス次期政権、財務相に中銀総裁(05/27)

マルコス氏、中国に「主権譲らない」(05/27)

比海軍がスービックに基地、中国けん制(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン