• 印刷する

財閥アヤラ、医療事業に100億ペソ投資

フィリピンの大手財閥アヤラ・コーポレーションは16日、医療事業に計100億ペソ(約216億円)を投資したと明らかにした。新型コロナウイルス下で医療需要が増える中、手頃な治療や医療の質の改善に取り組み、多様化する医療ニーズに応える体制を整えた。

医療部門アヤラ・ヘルスケア・ホールディングス(ACヘルス)を通じて投資した。新型コロナウイルスワクチンについては、100万回分の調達を支援した。第1弾が到着して以降、現在までに30万回分を配分した。全国24カ所で接種会場を設置し、自治体の優先対象者、アヤラ・グループや提携企業向けに接種している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

入国前の陰性証明不要に、接種済み外国人(05/27)

首都圏のコロナ規制延長、6月15日まで(05/27)

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

企業優遇、対象分野明確に 新たな戦略投資計画、大統領承認(05/27)

マルコス次期政権、財務相に中銀総裁(05/27)

マルコス氏、中国に「主権譲らない」(05/27)

比海軍がスービックに基地、中国けん制(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン