• 印刷する

テイクオフ:台湾で生活していると、…

台湾で生活していると、日本を感じる機会がある。特に食の分野で多く、弁当は「便当」として広く食べられているし、スーパーの総菜コーナーには巻きずしが並んでいるのをよく見かける。

最近はウナギのかば焼きを販売する専門店が台北にあると知り、店を訪ねてみた。店先で焼いたウナギを持ち帰るスタイル。厳しい暑さが続くが、丹念に焼く作業を見ているだけで食欲をそそられる。自宅で味わってみると、甘いタレがしっかり染み込み、身はふっくら。ちょうど良い焼き加減で、台湾の店でこんなにおいしいウナギを食べられるとは、と驚かされた。

60代半ばになる親世代からは、地元の商店街でも数十年前は同様の専門店に大勢の客が訪れ、大変繁盛していたと聞いた。日本人にとって懐かしさを覚える光景に思いがけず出合う。台湾ではそんな機会があるようだ。(祐)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

モデルナ製、75歳以上の2回目接種開始(09/17)

ゴゴロ、米ナスダックにSPAC上場へ(09/17)

新型コロナの域内感染、17日は2人(09/17)

4カ国から入国禁止、日本は対象外(09/17)

新iPhone、台湾各社に恩恵 TSMCなど、下期業績に貢献(09/17)

新型コロナの域内感染、16日は2人(09/17)

ワクチン約172万本、台湾に17日到着(09/17)

モデルナと高端の混合接種、臨床試験計画(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン