• 印刷する

外国人のワクチン接種登録、保険証なしも可に

台湾衛生福利部(衛生省)中央流行疫情指揮中心は29日、新型コロナウイルスワクチンの予約システムで、同日から全民健康保険(日本の国民健康保険に相当、健保)の保険証を持たない外国人を対象とした接種希望登録の受け付けを開始したと発表した。中央通信社が伝えた。

外国人の希望登録にはこれまで身分証番号または居留証番号と健康保険証の番号が必要だった。今回からは合法的な滞在であれば健康保険証がなくても、居留証または停留証の「統一証号(統一番号)」とパスポート番号があれば登録できる。中国、香港、マカオからの在留者、戸籍のない市民も統一番号と出入境許可証の番号で登録可能とした。

登録期間は8月2日の正午まで。接種開始時期は未定で、同中心の陳時中指揮官は「ワクチンの数量が安定したら、順次接種を開放する」と述べた。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染、23日はゼロ(18:46)

台湾、TPP加入を正式申請=現地報道(09/22)

テイクオフ:一体何?トイレがすごく…(09/23)

生産年齢人口、初の減少 政府調査、65歳以上は大幅増(09/23)

【アジア本NOW】『希望の一滴 中村哲、アフガン最期の言葉』(09/23)

新型コロナの域内感染、22日は1人(09/23)

青少年へのワクチン接種、5県市で開始(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン