コロナ理由の工事遅延、政府が損害金免除

タイ財務省中央会計局(CGD)のプラパット局長は、新型コロナウイルス感染症の流行が原因で公共工事が遅延した場合、請負業者の遅延損害金を免除する計画を明らかにした。民間企業に公共工事を発注した各政府機関に対して、文書で正式に免除を要請したという。バンコクポストが…

関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者1.46万人、死者は171人(17日)(09/17)

モデルナ製ワクチン、12~17歳への接種承認(09/17)

日本入国時の待機期間短縮、タイなどはなし(00:21)

浦和レッズ、地元クラブと提携 筆頭株主の三菱重工は商機に期待(09/17)

【ウィズコロナ】「数学学習はAIにお任せ」 韓国エドテック熱く(下)(09/17)

新規感染者1.39万人、死者は188人(16日)(09/17)

工業連盟、今年の車生産155万台達成に自信(09/17)

法定最高速120キロ、来年3月に8カ所追加(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン