リオが過去最高の中間配当、中国需要の恩恵

英豪系資源大手リオ・ティントが28日に発表した2021年度上半期(1~6月)決算は、純利益が123億1,300万米ドル(約1兆3,520億円)と、前年同期比で271%増加した。鉄鉱石価格の上昇と「持続可能ではないレベルの」中国の鉄鋼需要が押し上げた。中間配当として過去最高の1株当た…

関連国・地域: 中国オーストラリア欧州
関連業種: 鉄鋼・金属天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中国のTPP加入申請、東南ア経済に寄与も(16:53)

テイクオフ:地元の小学校に通う子ど…(09/17)

豪、米英支援で原潜導入へ 新安保枠組み、NZは不参加(09/17)

〔政治スポットライト〕豪の原潜決定、仏は同盟国排除と米国を批判(09/17)

VICで規制緩和、きょう1回接種70%達成へ(09/17)

事業中断保険裁判、保険会社が契約外を主張(09/17)

豪2大都市の小企業経営難、口座入金30%減(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン