コロナ解雇、街は閑散 新興国で変異株猛威

【共同】国際通貨基金(IMF)は新興・途上国の2021年の成長見通しを下方修正した。新型コロナウイルスワクチンの普及が遅れ、変異株も猛威を振るう。市民の行動が制限された街は閑散とし、仕事を失った人は暮らしへの不安を募らせる。 ▽世界最悪 「申し訳ない」。7月中旬の…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

日本入国時の待機期間短縮、タイなどはなし(00:21)

観光地への道路でナンバー規制導入、首都(09/17)

ジョクジャカルタ空港鉄道、商業運転を開始(09/17)

電子マネーの牙城切り崩しへ アストラペイが本格参入(09/17)

ビザ保有者の入国可に、ビザ申請受付も再開(09/17)

入国者にアプリ義務付け、空路17日から(09/17)

センディット1.5億ドル調達、ユニコーンに(09/17)

GoTo、インドネシアでの上場を検討(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン