豊田織機、30年度に新規事業で1兆円

【共同】豊田自動織機は26日までに、2030年度に世界全64カ所の生産拠点の二酸化炭素(CO2)排出量を13年度比で50%削減するほか、電気自動車(EV)向けの電動コンプレッサーなどの新規事業領域で売上高1兆円を目指す経営目標を公表した。国連が定めた「持続可能な開発目標(…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

武田薬品工業、CO2排出量ゼロのビル設置(09/24)

豪がXマス前に渡航再開か、日本も往来調整(09/24)

JFOODO、中国各地で酒・和食イベント(09/24)

豪で中古ブランド品販売増、こんまり効果(09/24)

夏時間、NZは26日開始で豪は10月3日から(09/24)

〔オセアニア林業ウォッチ〕豪スイートマン、日系シナネンと20年契約か(09/24)

【有為転変】第167回 原子力潜水艦を導入せよ(その1)(09/24)

【アジア・ユニークビジネス列伝】「見えない商品、自販機で」「犬型ロボ、現場のお供に」(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン