• 印刷する

テイクオフ:集会で人と人との距離を…

集会で人と人との距離を保つことがいかに難しいかを痛感した。毎年恒例にもなっている、大統領の施政方針演説(SONA)前に開催されるデモ。今年は若者を中心に6,000人以上が集まったが、参加者はマスクにフェースシールドを着用し、新型コロナウイルスの感染対策は万全のはずだった。

ところが、デモ行進が進むにつれ、次第に車道の横に広がると、警備に当たっていた警官たちが一斉にデモの最前列にバリケードを作って立ちふさがった。デモの参加者と警官が言い合いとなり、一触即発に。感染対策そっちのけで、互いの主張を譲らず、数十分にわたって密の状態が続いた。

近くの橋の上から見ていると、新型コロナ下ではありえない光景が広がっていた。友人に写真を送ると、「クラスター(感染者集団)を生むためのイベントなの?」と返ってきた。強風が吹いていたことが、せめてもの救いか。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

4カ国から入国禁止、日本は対象外(09/17)

新型コロナ、新たに2万336人感染(09/17)

コロナ感染2万3134人、2番目の多さ(10:02)

全国民、30年までに水道利用 政府計画、1.1兆ペソ投資見込む(09/17)

新型コロナ、新たに2万1261人感染(09/17)

感染リスク高い都市、全国で90%超え(09/17)

首都圏の酒類販売、複数自治体で緩和(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン