• 印刷する

韓国サムスン、HCM工場の稼働率4割以下

ベトナム南部における新型コロナウイルス感染症拡大を受け、工場の稼働中断を余儀なくされている韓国企業が増えている。ホーチミン市にあるサムスン電子の家電工場も生産ラインは稼働しているものの、稼働率は40%以下に縮小している。25日付聯合ニュースが伝えた。

ベトナム中南部韓国人商工人連合会(KoCham)が、ベトナムに進出している韓国企業254社を対象に調査を行った結果、70社(27.5%)が工場の稼働を中断していることが分かった。地域別では、南部ロンアン省で36社、同ホーチミン市が10社、同ビンズオン省が9社、同ドンナイ省が7社、同ティエンザン省が3社、同タイニン省が2社、同ビンフオック省で2社、同アンザン省で1社となっている。

今回の調査に含まれなかった韓国企業も、多くが工場の稼働を中断しているもよう。とくに中小企業は、工場稼働の一条件である社員向け宿泊施設の設置が難航しているという。


関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: その他製造IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

週末の市中感染3.1万人増、4波累計68.3万人(09/20)

中国のTPP加入申請、東南ア経済に寄与も(09/20)

【ウィズコロナ】「数学学習はAIにお任せ」 韓国エドテック熱く(下)(09/17)

2大都市、経済そろりと再開 4波収束見えず、新常態手探り(09/17)

市中感染1万人増、4波累計65.2万人(09/17)

3Q成長率はマイナス1.2%予想、地場証券(09/17)

内需拡大の財政出動が必要、世銀ベトナム(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン