• 印刷する

テイクオフ:マレーシア人の42%が…

マレーシア人の42%が、今後1年で旅行業界は回復すると予想している――。ある調査の結果だが、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、思ったよりも楽観的にみている人が多いことに驚いた。

この話を日本の友人にすると「旅行は当分無理だと思う」と一言。新型コロナワクチンの接種が進んでも、ワクチンの効かない変異株が現れ「いたちごっこ」のような状態になるだろうというのだ。いささか悲観的すぎるのではと思ったが、あながち否定もできないかもしれない。

昨年の今ごろは、1年もたてばコロナ前のように近隣諸国への旅行や、家族に会うための一時帰国ができるようになるのでは淡い期待を抱いていた。しかし、現在もなお先行きが見通せない状況だ。いつ可能になるかは分からないが、頭の中で旅行の構想を練りつつ、今はただ感染収束を祈るしかない。(望)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ロックダウン(都市封鎖…(09/23)

資本市場の成長へ第3次計画 証取委が発表、6本柱で構成(09/23)

新規感染1.49万人、累計214.3万人(09/23)

ジョ州が第2期へ、さらなる規制緩和を発表(09/23)

RM1=26.1円、$1=RM4.19(22日)(09/23)

ホテル大手、24年までに世界10都市で開業(09/23)

コロナ対策規制合理化、前首相が閣僚に要請(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン