• 印刷する

不動産情報サイト大手、米国市場に上場へ

シンガポールの不動産情報ポータルサイト大手プロパティーグルは24日、米ナスダックに上場する特別買収目的会社(SPAC)のブリッジタウン2ホールディングスと企業結合を実施すると発表した。ブリッジタウンとの統合を通じ、ニューヨーク証券取引所に上場する計画だ。

上場が実現すれば、統合後の企業価値は13億5,000万米ドル(約1,490億円)、株式価値は17億8,000万米ドルにそれぞれなると見込んでいる。統合手続きは来年1~3月期にも完了する。ブリッジタウンは、香港の民間投資グループ、パシフィック・センチュリー・グループと米国の投資会社ティール・キャピタルが設立した企業だ。

プロパティーグルには、主要株主であるKKRやTPGキャピタル、REAグループが計7割超を出資している。上場後も統合会社への出資比率は変わらない。

プロパティーグルは2007年設立。東南アジアで有数のプロップテック(ITを活用した不動産サービス)企業として、域内最大規模の不動産情報サイトを運営している。

シンガポール、マレーシア、ベトナム、タイでは業界大手の地位を確立。1カ月当たりの掲載物件数は280万件超、閲覧者数は3,700万人だ。

5月には、オーストラリアの同業REAグループからマレーシアとタイの事業を買収すると発表するなど、東南アジアで事業拡大を加速させている。米国での上場を果たすことで、調達資金を既存事業の拡大や合併・買収(M&A)に充てる意向だ。

業界関係者の間ではこれまで、プロパティーグルが新規株式公開(IPO)を実施するとの予想が広がっていた。

シンガポール企業による米国上場では、配車サービス大手グラブがSPACとの合併を通じ、ナスダック市場に上場する計画だ。年内に合併が完了するとみられる。


関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: 金融建設・不動産IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

コロナとの「共生路線」強調 検査・自宅療養強化、自粛も要請(22:27)

8月輸出はプラス成長維持、電子好調で(21:22)

シンガポール航空、増資88億ドルの残額ゼロ(21:21)

メルセデス、30年までに全車両をEVに(21:21)

中国のTPP加入申請、東南ア経済に寄与も(16:53)

新規感染1009人、17カ月ぶり千人超(18日)(21:21)

新規感染935人、17カ月ぶり高水準(17日)(21:21)

国内感染906人、59人目の死者も(16日)(21:21)

現地企業がNFT事業を始動 日本の芸術家と連携、欧米で販売(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン