日本のマンゴー購入に謝意、台湾南部の台南市長

【台北共同】台湾南部・台南市の黄偉哲市長は22日、最盛期を迎えた特産のアップルマンゴーを群馬県の市町村などが大量に購入したとして謝意を表明した。台南市は毎年6月に「国際マンゴーフェスティバル」を開催して日本人にも人気だったが、今年は5月からの新型コロナウイルス感…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 農林・水産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中秋節連休が終わった。…(09/22)

中秋節連休、各地でにぎわい 観光業など活況、感染拡大懸念も(09/22)

新型コロナの域内感染、21日はゼロ(09/22)

コロナ警戒第2級延長、展示会など条件発表(09/22)

モデルナ製、75歳以上の2回目接種開始(09/22)

友達、中国昆山工場拡張に18億米ドル(09/22)

慧栄科技、TSMCの生産支援拡大を希望(09/22)

グーグル、台湾投資は人材の専門性など重視(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン