モデルナ製ワクチン、3600万本購入へ契約

台湾衛生福利部(衛生省)中央流行疫情指揮中心は22日、米モデルナと新型コロナウイルスワクチン計3,600万本を購入する契約を結んだと発表した。変異株が世界的に流行していることから、次世代型のワクチンも調達する。 2022~23年にかけて次世代型のワクチンを含めて3,500万本の…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

中台のTPP加入申請が波紋 批准11カ国、対応難しい局面に(09/24)

豪、台湾加入申請「検討」(09/24)

新型コロナの域内感染、23日はゼロ(09/24)

1回目接種率、10月に7割へ=行政院長(09/24)

DRAM価格、4Qは3~8%下落も(09/24)

台湾がTPP加入申請、日本産食品禁輸解除も(09/24)

工業富聯が自社株買い、上限15億人民元(09/24)

中台の駆け引き激化へ、日本など巻き込み(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン