日本政府、酸素濃縮器700台を提供へ

日本の外務省は21日、新型コロナウイルスの感染が急拡大しているミャンマーに対し、酸素濃縮器を最大700台提供すると発表した。最大都市ヤンゴンの医療機関に供与する予定。 ミャンマーは5月末から新型コロナの感染「第3波」が到来。直近10日間に見つかった新規感染者は1日当た…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 医療・医薬品政治


その他記事

すべての文頭を開く

2~4月の輸出3割減 主要国が軒並み停滞、輸入4割減(07/28)

死者数が連日の最多更新、400人近くに(07/28)

日本人死亡、新型コロナで初確認(07/28)

総選挙結果「正式に無効」、NLD解党狙う(07/28)

モン州拠点の日系クオリー、IT人材増員(07/28)

医薬品価格の高騰と品切れ、コロナ第3波で(07/28)

商業省、コロナ治療用酸素などの調達促進(07/28)

ワクチン接種の加速を=総司令官が指示(07/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン