• 印刷する

MAHB、空飛ぶタクシーで英独企業と覚書

空飛ぶタクシーの発着場「ボロポート」のイメージ(ボロコプター提供)

空飛ぶタクシーの発着場「ボロポート」のイメージ(ボロコプター提供)

マレーシアの空港運営会社マレーシア・エアポーツ・ホールディングス(MAHB)は21日、ドローン(小型無人機)関連事業を手掛ける英国のスカイポーツ、「空飛ぶタクシー」を開発するドイツの新興企業ボロコプターと、スバン空港(スランゴール州)での垂直離着陸用飛行場の整備に関する事業化調査で覚書を結んだ。

同事業は、スバン空港の再開発計画の一環となる。MAHBのモハド・シュクリー・モハド・サレー最高経営責任者(CEO)によると、アジア太平洋地域のエアモビリティー(空飛ぶ乗り物)市場は2035年までに95億米ドル(約1兆500億円)規模に達し、世界全体の約45%を占める見通しという。

MAHBはエアモビリティーで実績のある英独2社と組むことで、「域内でのスバン空港の地位を高めていく」(モハドCEO)考え。空港の再開発計画には、航空機の整備・修理・分解点検(MRO)サービスの拡充などが含まれる。

ボロコプターは昨年12月、シンガポールで3年以内に空中タクシーのサービスを開始する方針を示した。同国やドイツ、フィンランドなどで試験飛行を実施しており、昨年9月には先行予約の第1弾としてチケットを1,000人限定で販売している。


関連国・地域: マレーシア欧州
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

三井物産、水素エネ事業化で地場2者と覚書(14:52)

テイクオフ:「マレーシアでは五輪は…(07/28)

操業規制で苦境の自動車業界 新車需要堅調も納車遅延が懸念(07/28)

新規感染1.6万人、累計104.4万人(07/28)

【食とインバウンド】「ムスリムフレンドリー」な旅先ランキング(07/28)

ラブアンの接種率、成人人口比で80%達成(07/28)

RM1=26.0円、$1=RM4.23(27日)(07/28)

日本人商議所、政府に製造業の再開を要望(07/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン