• 印刷する

テイクオフ:一生のうちに、飲食店で…

一生のうちに、飲食店での食事がこれほどぜいたくに思える時はないのではないか――。政府がコロナ対策として、22日から来月18日まで店内飲食を禁止すると発表したのを聞いて、そんな思いが頭をよぎった。

飲食店といえば、今年に入って自宅近所の商業施設内に複数のレストランがオープンした。「アーミーシチュー」と呼ばれる韓国の鍋料理を出す店や、中国・蘭州の麺料理の専門店など、あまり食べたことのない食事を楽しめる店だ。来月中旬に別の場所に引っ越す前にできる限り通いたいと思っていたが、その矢先に発表されたのが今回の措置だった。アーミーシチューは難しいかもしれないが、引っ越し前にお気に入りの店の料理は持ち帰ることにしよう。

将来自宅から遠くなってもまた通えるよう、どの店舗も今の厳しい経営環境を乗り越えて、また「ぜいたく」な気分を味わわせてほしい。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

国内7社目のユニコーン誕生 越境電子決済ニアム、米大陸開拓へ(17:25)

賃金助成制度、対象外の事業者にも対応(17:11)

SLNG、天然ガス液の抽出施設設計で提携(17:06)

テイクオフ:東京五輪が始まり、小さ…(07/28)

2~4月の輸出3割減 主要国が軒並み停滞、輸入4割減(07/28)

企業間取引の越境EC強化 テマセク、中国企業と提携で(07/28)

5Gに新たな周波数割り当て、年内入札へ(07/28)

【食とインバウンド】「ムスリムフレンドリー」な旅先ランキング(07/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン