阪和興業、出資する中国社がスラブ生産開始

阪和興業は12日、インドネシア・スラウェシ島で操業する中国系高炉一貫製鉄会社の徳信鋼鉄(デクシン・スチール・インドネシア)が、スラブ(鋼片)の連続鋳造を開始したと発表した。阪和興業は徳信鋼鉄に10%を出資している。徳信鋼鉄はこれまでビレット(鉄鋼半製品)や線材を…

関連国・地域: 中国インドネシア日本
関連業種: 鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ショッピングモールに、…(09/22)

ホンダ、新型SUV初公開 22年1月発売、30カ国に輸出も(09/22)

レベル4地域ゼロ、飲食店の夜間営業可能に(09/22)

年産1000万トンの鉄鋼産業地目指す=大統領(09/22)

プルタミナ、高級燃料2種を18日から値上げ(09/22)

バンドン高速鉄道延伸計画、政府決定が混乱(09/22)

官民連携事業、高速6区間を年内に入札(09/22)

仏、データセンター事業化調査に1.9億ドル(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン