太陽光発電12件で入札、中タイ企業が関心

国軍の統制下にあるミャンマー政府が、国内12カ所で太陽光発電の整備に向けた入札を実施することが分かった。現在のところ、中国やタイの企業など約40社が関心を示しているもようだ。電子メディアのイラワジが伝えた。 新たな太陽光発電所の開発予定地は北中部マンダレー管区、中部…

関連国・地域: 中国タイミャンマー
関連業種: 電機建設・不動産電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

民主派と親軍派の衝突は長期戦に、専門家(17:51)

CNG補給所41カ所稼働、供給安定化に課題(17:34)

4月のエビ輸出は611トン、273万ドル(17:35)

22日の感染者3人、46日連続で死者ゼロ(11:56)

東南アジアで溶接技術つなぐ 日新電機、ミャンマーで金属加工(05/23)

4月のCMP原材料輸入、3.4倍に増加(05/23)

国軍報道官、経営者の出国禁止を否定(05/23)

入国上限2万人に、世界の8割が検査免除(05/23)

タイへの密入国止まらず、合法派遣再開も(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン