• 印刷する

5月輸出額は42%増、11年ぶりの高い伸び

タイ商務省が24日に発表した貿易統計(速報値)によると、2021年5月の輸出額は前年同月比41.6%増の230億5,800万米ドル(約2兆5,888億円)だった。増加率は約11年ぶりの高い伸びとなり、4カ月連続で200億米ドルを上回った。金・石油・武器を除いた実質部門の伸び率は45.9%。一方、5月の輸入額は63.5%増の222億6,200万米ドルで、貿易収支は7億9,600万米ドルの出超だった。

「主要工業製品」の輸出額は48.0%増の179億4,400万米ドルだった。「車両・部品」が2.4倍に大幅に増加したほか、「電気製品・部品」が60.3%増、「電子製品・部品」が35.4%増といずれも2桁の増加となった。商務省は、「引き続き世界的な在宅勤務の増加を背景に、コンピューターや家電、家具のほか、消費者の購買力の回復から自動車や宝飾品といった耐久財や高級品の輸出が伸びた」と説明している。

工業製品の詳細を見ると、「自動車・部品」が2.7倍、「宝飾品(金を除く)」が2.1倍と大きく伸びたほか、「エアコン・部品」(86.3%増)、「石油関連製品」(75.8%増)、「家具・部品」(54.0%増)「機械・部品」(52.9%増)、「コンピューター・部品」(44.5%増)などが2桁増となった。一方、「金」(47.3%減)、「ファクス・電話・部品」(13.1%減)は2桁減。

「農産物・加工品」は、14.3%増の42億2,000万米ドルだった。「ゴム」(99.2%増)、「野菜・果物(生鮮・冷蔵・冷凍・乾燥)」(31.9%増)、「香辛料」(28.1%増)、「ペットフード」(24.0%増)「鶏肉(生鮮・冷蔵・冷凍・缶詰・加工)」(13.9%増)、「キャッサバ製品」(10.7%増)が2桁の増加。一方、「砂糖」(45.7%減)、「コメ」(42.1%減)、「その他畜産製品」(32.7%減)、「海産物(生鮮・冷蔵・冷凍・缶詰・加工)」(16.5%減)は2桁の減少だった。

国・地域別の輸出額は、中国が25.5%増の36億5,100万米ドルで国別の最多。米国向けが44.9%増の31億5,200万米ドルで続いた。日本は27.4%増の20億4,400万米ドル。なお、欧州連合(EU)は従来発表していた15カ国の集計から英国を除き、新たに13カ国を加えた27カ国で発表している。5月は54.9%増の16億5,200万米ドルだった。

■1~5月の輸出額は11%増

21年1~5月の輸出額は前年同期比10.8%増の1,086億3,500万米ドルだった。輸入額は21.5%増の1,071億4,100万米ドルで、貿易収支は14億9,400万米ドルの出超。

商務省貿易政策・戦略事務局(TPSO)は、主要工業製品が5カ月連続でプラス成長となり、石油関連製品の需要増加や価格上昇、新型コロナワクチンの世界的な普及による消費者心理の改善などによって今後も活発な輸出の回復が見込まれるとしている。


関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの1…(07/27)

日本企業、問われる人権方針 政府と市民の間で板挟みの事態も(07/27)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(07/27)

感染者1.5万人超、累計50万人突破(26日)(07/27)

コロナ拡大直撃、トヨタ・ホンダが工場停止(07/27)

スズキ、自動車の通年販売目標を据え置き(07/27)

東南アジアのIPO活況、下期も継続(07/27)

高架鉄道、乗客8割減も業績への影響軽微(07/27)

物流JWD、投資持ち株会社に36%出資(07/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン