• 印刷する

感染者3000万人超え 規制緩和、第3波の警戒感広がる

インドの新型コロナウイルスの累計感染者が3,000万人を超えた。世界最多である米国の3,300万人余りに迫っている。3月から爆発的に広がった感染第2波は収束に向かい、1日当たりの新規感染者はピーク時の8分の1に落ち着いている。各地で感染対策の活動制限が緩和され、街に人が戻りつつあることで、早くも政府や専門家が第3波への警戒を強めている。

新型コロナ対策の活動制限が緩和され、混雑する市場=19日、首都ニューデリー(PTI)

新型コロナ対策の活動制限が緩和され、混雑する市場=19日、首都ニューデリー(PTI)

保健・家族福祉省は23日、インドの累計感染者が3,002万8,709人になったと発表した。1日当たりの新規感染者は5万848人。40万人を超えていた5月のピーク時と比較すると、感染の広がりが落ち着いたように見える。ただ世界保健機関(WHO)によると、いまだ新規感染者はブラジルに次ぎ世界で2番目に多い。

感染拡大が落ち着きつつあることで、今月に入り各地の州政府は4月頃から導入した封鎖措置を段階的に緩和している。デリー首都圏では、7日からショッピングモールや小売店の営業が制限付きで認められた。2カ月近い封鎖措置で外出が制限されていた反動で、一部のモールには長蛇の列ができた。

■デルタプラス株に懸念

制限緩和による人流の増加を受け、早くも第3波への警戒感が広がっている。PTI通信によると、全インド医科大学(AIIMS)のランディープ・グレリア教授は第3波は避けられないとの見方だ。市民が適切な感染対策を取らず、「密」を防げなければ、向こう6~8週間で第3波が来る可能性があると警告した。

インド政府も、第3波に警戒を強めている。保健・家族福祉省は22日、第3波を防ぐための感染対策を求める声明を発表。政策立案機関NITIアーヨグのメンバーで、新型コロナ専門作業部会(タスクフォース)の責任者でもあるVKポール氏は「適切な行動で感染の機会を減らし、ワクチンの接種で感染の可能性を減らせば、第3波は防げる」と呼びかけた。

第3波をもたらし得る懸念材料には、インド政府が「懸念される変異株」に分類し警戒を強める「デルタプラス株」の存在がある。インド政府によると、デルタプラス株には◇感染・伝播性の上昇◇肺細胞の受容体に結合しやすい◇モノクローナル抗体の反応を潜在的に弱める――という特徴が確認された。

保健・家族福祉省によると、デルタプラス株は、「デルタ株」として知られるインドで確認された変異株に「K417N」と呼ばれる変異が加わっているという。K417Nは南アフリカで確認された「ベータ株」にも見られる変異だ。

西部マハラシュトラ州、南部タミルナド州、中部マディヤプラデシュ州の3州で散発的に約40人の感染が確認されており、感染者が出た地区は即時封じ込めを実施し、感染者を追跡するなどの措置を取っている。

国立疫学研究所のマノジ・ムルへカール(Manoj Murhekar)所長はNNAに対して、「第3波の可能性はあるが、重要なのは第2波と同じくらい深刻なものになるかどうかだ。ワクチン接種が進むことで第3波の感染者は抑えられるだろうが、政府はデルタプラス株の調査と、完全に新しい変異株が存在するかを確認するための検査を実施する必要がある」と述べた。

■ワクチン、1日1000万回目標

ウイルス学者のTジェイコブ・ジョン(T Jacob John)博士も「完全に新しい変異株が確認されなければ、致命的な第3波は来ないだろう」との見方を示す。さらに「8月中旬までに国民の20%が2回目のワクチン接種を受けることができれば、第3波の可能性はほぼ無くすことができる」として、ワクチン接種の加速の必要性を強調した。

インド政府はワクチン接種を急いでいる。モディ首相は今月上旬に、21日から18歳以上の全ての国民に無料でワクチンを提供すると発表。中央政府が国内で生産されるワクチンの75%を調達し、州政府の負担を減らす方針に切り替えた。

政府発表によると、21日分に相当する22日の午前7時までの24時間の接種数は約862万回と、前日の約2.8倍に増加した。モディ首相は「記録的な接種数」として喜びをツイートしている。

専門家は、接種数をさらに増やす必要があるとの見解だ。エコノミック・タイムズ(電子版)によると、インドの予防接種に関する国家技術諮問グループ(NTAGI)の責任者を務めるNKアロラ氏は、1日の接種目標を「少なくとも1,000万回」としている。不足が報じられるワクチンの供給については、7月から2億~2億2,000万回分が接種可能になると述べた。

22日分(23日午前7時発表)の接種数は約542万回だった。米ジョンズ・ホプキンス大学によると、インドの人口に占めるワクチン接種率(2回目接種済み)は4%未満で日本を下回っている。


関連国・地域: インド
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アウディ、電動SUVを1000万ルピーで発売(18:02)

IT大手4~6月は2桁増収 DX需要旺盛、人材確保が課題に(07/23)

バジャジ、電動車子会社を設立へ(07/23)

マルチスズキ、農村部での販売500万台達成(07/23)

シュコダ、印向けの新たなSUVの投入計画(07/23)

ヒーロー、宅配用電動自転車の販売店を開設(07/23)

リチウム電池のロハム、生産能力増強へ(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン