2Q成長率、下振れの可能性=財務相

インドネシアのスリ・ムルヤニ財務相は、第2四半期(4~6月)の国内総生産(GDP)成長率が、先に予測していた前年同期比7.1~8.3%から下振れする可能性があるとの見方を示した。新型コロナウイルスの感染が拡大していることが背景にある。地元各メディアが伝えた。 スリ財…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

4~6月GDP伸び7.07% 5四半期ぶりプラス成長に転じる(08/06)

日イが現地通貨の利用促進枠組みを強化(08/06)

ANAが特別便増発、11日に関空行き(08/06)

東南アへワクチン供与拡大、中国外相(08/06)

西鉄現法がスマラン事務所開設、4拠点目(08/06)

エアアジア運航停止、9月6日まで延長(08/06)

道路公団子会社、韓国企業とEV充電所事業(08/06)

バンドン市、年内に電動バス11台運用開始(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン